法人保険のご相談なら、七福計画株式会社

押さえておきたい決算書のキモ

決算書、一般的には決算書と言われていますが、正式には財務諸表の事です。 企業において一定期間の経営成績や財務状態等を明らかにするために作成する書類で、 貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書などが該当します。 今回は、この決算書『貸借対照表・損益計算書』についてご案内させていただきます。

決算書について                                            1)貸借対照表 2)損益計算書

決算書について、決算書は個人の家庭で言えば家計簿、お金の出入りが表記されています。会社のお金の流れ、いくらあって何にどう使ったのかがわかります。 そしてもう一つ、大事な定義があり『社長の通信簿』とも言われています。通信簿なんて言うと学生みたいだと思われるかも知れませんが、実は社長も評価されているのです。会社では一番偉いはずの社長が誰に評価されているのかと言うと、銀行等の金融機関や取引先からです。更に取引先の「与信管理」などに活用されています。 決算書には会社の経営活動の全てが表記されていて、その内容から会社経営に欠かせない3つの要素『人』『モノ』『カネ』について把握できます。そのため決算書を見る、読む事によって、その会社の現状や問題点が見えてきます。特に金融機関は、決算書の内容によってそれぞれの会社に点数を付けています。格付けと言われています。 その結果、点数に応じて会社の経営に大事な融資を実行するかしないかの判断をしています。それほど決算書は重要なモノなのです。この点を押さえておかないと、いざという時に必要な資金の融資が受けられないなんて事態も起こり得ます。 必要な時に融資を受けることが出来るように、格付けに対しての対策バッチリの決算書にしておきたいですね。会社経営にとって、決算書:事業活動の成果・経営実態 を知ることは大事なことです。しっかりとした決算書を作成して、社長の望む理想の会社にしましょう。

 1)貸借対照表                                            決算書のうちの貸借対照表『バランスシート BS』についてです。定義は一定時点(決算日)の企業財務を表し、 資産:会社の持ち物・負債:他人資本(借金)・純資産:自分の金(資産-負債) で構成されます。 表記した場合の左側(資産)と右側(負債+純資産)のそれぞれの合計金額が同じになる事から『バランスシート BS』とも言われています。 貸借対照表の内訳において、経営者に見極めてもらいたい点があります。

・資産 :利益を生む資産か、生まない資産か                               ・負債 :長期の借入か、短期(1年以内に返す)借入か                         ・純資産:自分で準備したお金か、稼いだお金か       

この機会に貸借対照表の内容を確認する事をお勧めします。回収出来るあてのない長期貸付 金など、実態の資産状況と内訳との相違が見つかり、首をかしげてしまうような事もあるようです。 この様に貸借対照表を読む事によって会社の財産がわかります。更に、経営者の考え方や性格までわかると言われています。誰が見ても綺麗な貸借対照表を作成したいものです。

2) 損益計算書                                            次に、損益計算書『PL』についてです。定義は、一定期間の企業の儲けを表す。『5つの利益』で構成されます。 5つの利益とは、 売上総利益(粗利益)・営業利益・経常利益・税引き前利益・当期純利益の事で、 以下のように関連しています。 【 売上-変動費⇒売上総利益 -固定費⇒営業利益 ±営業外損益⇒経常利益 ±特別損益⇒税引き前利益 -法人税⇒当期純利益  】

それぞれの利益については以下のとおりです。 『 売上総利益:商品力で稼いだ利益・会社の基本となる利益   営業利益:営業力で稼いだ利益・会社の本業で稼いだ利益   経常利益:財務力で稼いだ利益・営業利益と本業以外利益を合わせた利益   税引き前利益:法人税等を支払う前の利益・経常利益に特別利益・損益を加減   当期純利益:最終的に稼いだ利益  』

改めて利益を見直すことによって、自社の強みと弱みを再認識出来て、どの利益に注力するべきかなど改善点も見つかり、今後の会社経営のお役に立つ事にもなります。 5つの利益のうち、当期純利益は貸借対照表と対応しています。純資産の内の利益剰余金です。損益計算書上の当期純利益が貸借対照表上の利益剰余金となります。これが重要なポイントです。1年でどれだけ儲かったのかわかります。 この様に、会社で利益を稼ぐ事によって、利益剰余金(社内留保金)を増やす事が出来ます。会社に体力をつけるイメージです。実は、この事が会社経営にとっては大事な事です。経営を継続する為に、会社にお金を残しましょう。

七福計画では、社長自らが会社のお金を理解するために決算書の健康診断をお勧めいたします。 次の3点がありましたらお問合せ下さい。                                                ①儲かっているはずだが、現金が無い                                  ②返済が大変だ                                               ③今加入の生命保険は適正なのか分からない                                       自分の身体の健康診断をするように、会社の体力を見極めておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

トップページへ戻る